スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

中古車売却で用意する必要書類とは!紛失したら再発行(再交付)を!

ガリバーなどの中古車買取査定では、ローンの残債があったり、不動車や事故車なども買取査定してくれるので便利ですが、実はガリバーでも代行できないことがあります。それは必要書類関係のことになります。

例えば中古車を売却する時には、必要になる書類(例えば車検証や納税証明書など)がありますが、これらを紛失している場合、再発行(再交付)してもらう必要があります。この再発行(再交付)の手続きは、中古車オーナー自身がする必要があります。さらに自動車税を滞納(未納)している場合も買取査定・売却ができません。納税しないと名義変更ができないためです!ご注意ください。

特に軽自動車と普通自動車の売却で一番違う部分は、実印の有無です。軽自動車を売却するのは認印で大丈夫ですが、普通自動車になると実印(それを証明する印鑑登録証明書も!)が必要になります。そこは注意しておきましょう!

そこで中古車売却に必要な書類関係や再発行方法を紹介しておきます!

●小型・普通自動車の売却に必要な書類関係
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)自動車納税証明書(本年度分、再発行先→運輸支局の自動車税事務所や都道府県の税事務所)
4)リサイクル券(預託証明書)(再発行先→自動車販売店もしくは『自動車リサイクル料金の預託状況』をプリントアウトでもOK)
5)実印(委任状・譲渡証明書に必要)
6)印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内)
7)委任状(販売店に登録手続きなど任せる場合に必要)
8)譲渡証明書(自動車を第三者に譲渡するとき必要)
9)売却代金振込み口座番号

補足;
意外と困るのがこんなケース!この時は追加で用意!
・1回引越しの場合・・・住民票
・2回引越しの場合・・・住民票の除票
・結婚して姓が変更・・・戸籍謄本


●軽自動車の売却に必要な書類関係
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)軽自動車納税証明書(再発行先→市区町村の役所内の納税課)
4)リサイクル券(再発行先→自動車販売店)
5)認印
6)売却代金振込み口座番号
スポンサーサイト

| 中古車売却のコツ | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。