スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

自動車リサイクル法!リサイクル料金はいつ払うの?

2005年1月からスタートした自動車リサイクル法により、自動車のリサイクル料金を払う必要が出てきました!一般的に新車なら販売店やディーラーで支払います。そこで気になるのが、自動車リサイクル法ができる前に購入した車のこと!2004年(平成16年)までに購入した車については、最初の車検時までに整備業者などで支払うそうです。なお最初の車検を前に売却・処分・廃車する場合、廃車時に引取業者に支払うそうです。そもそもリサイクル料金は、最終所有者が負担する仕組みになっているといえますね。そのため、リサイクル料金を支払っていれば、車を売却する際には戻ってくるそうです(廃車時はもどってきません!)。また中古車を購入する時もリサイクル料金を支払うようですね!

この部分は注意が必要かもしれません。自動車リサイクルシステムのQAには、こんなことが書かれています。

▼▼▼ここから▼▼▼

中古車売買する場合には、リサイクル料金はどのような扱いになるのですか?

預託済の場合:新所有者(購入者)が旧所有者に車体の価値金額に加えて、リサイクル預託金相当額※を支払う必要があります。これにより、新所有者(購入者)がリサイクル料金を負担していることになります。

▲▲▲ここまで▲▲▲

結局、自動車買取査定中古車買取査定事故車買取廃車見積もりの、どのケースでもリサイクル料金を支払う義務があるわけです。一般的にリサイクル料金は、7000円~18000円が多いそうですが、これは出荷時点での装備に準拠するようです。なおバイク買取査定では、リサイクル料金はありません。バイクは、自動車リサイクル法の対象外ですが、『二輪車リサイクルシステム』により、メーカー希望小売価格にリサイクル料金が組み込まれているようです。
スポンサーサイト

| 中古車売却のコツ | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。